電気電子情報通信工学科



  • 宇宙科学と宇宙開発
  • 長い間,ロボットは工場などの管理された限定空間において生産機械として社会に貢献していますが,今,ロボット技術は一般社会,家庭へと大きな発展を遂げています. 本研究室では,技術利用拡大のため,屋外野外未知環境で行動するセンサ・環境認識技術と,空間的な距離を越えた人間とシステムの協調支援関係の構築に関して研究を行っております. 特に,月惑星表面を移動しながら探査するシステムを対象に研究を行っておりますが,その技術は地上でも,例えば警備システム,自動車など広い分野で利用可能です.


  • 自然環境とエネルギー
  • 電気的現象(電子やイオンの挙動等)が関与している化学現象を扱う学問を電気化学と言いますが,化学変化と電気エネルギーの相互変換によって蓄電や発電を行う電池などの新エネルギー材料, 自然環境や健康診断にも利用が期待される化学変化を電気シグナルへ変換する電気化学センサー材料について,電極界面をミクロ・マクロ双方の視点から設計し解析することによってその可能性を探っています.
  • ロボット工学
  • ロボティクスは形あるロボットだけでなく,人や環境を観測し認識し更にロボットなどを用いて働きかけるシステム全体をさします. 社会を支えるキーテクノロジーの宝庫です. このようなロボティクスを支える要素技術であるセンシング,ナビゲーション,制御,通信,知能,インターフェースを研究するとともに,それらを私たちの生活空間・都市空間に実現し,ワイヤレス技術を用いたエネルギーのマネッジメントなども考慮したSmart Grid,Smart Cityを始めとした空間自体を安全安心快適にする空間知能化に関する研究を進めています.
  • 生体医工学
  • 電気,電子,情報,通信,機械等の各分野を含む「工学」と生物学や医学等を含む「生命科学」とが交叉することで生まれる新しい技術や学問領域を追求しています.具体的にはさまざまな分野で利用可能な生体情報計測技術や医療・福祉ロボットに関する研究,新しいリハビリ手法・治療方法の探求,工学的手法に基づくバイオメカニズムの解明,生物のしくみや機能を模倣して医療や工学に応用するバイオミメティクスの研究などに,国内外の主に医学系研究者と共同で取り組んでいます.
  • レーザー
  • レーザは21世紀の光エレクトロニクス社会を支えるキーデバイスです. 当研究室では,レーザがより幅広い分野で利用されるよう,従来になく高い性能を持ち,かつ,真に使いやすいレーザを開発することを究極の目標として研究を行っています. そのために,新材料・新方式を用いた小型・高効率・高出力レーザや,レーザ光の波長をさまざまに変換する波長変換デバイスの開発を行っています. また,レーザ材料の光学特性を精密に評価するなど,基礎研究にも力を入れています.
  • 物理モデルとシュミレーション
  • 電磁波の散乱・回折・電磁波問題の理論的解析,コンピュータシミュレーションによる散乱・回折現象の可視化に関する研究を主として行っています. また最近では,このテーマに関連し,レーダによる物体の形状認識に関する研究も行っています.
  • ミクロの世界~ナノテクノロジー~
  • 電子デバイスの性能向上では,機能材料が持つ可能性を引き出す技術が必要です. 情報記録デバイス対応の各種機能材料薄膜の形成技術,ナノ構造制御技術,薄膜基礎物性およびデバイス特性評価の研究を行います. エピタキシャル成長やハイブリッド化技術を用いて薄膜材料を中心に電子材料の新しい可能性を探ります.
  • 半導体・集積回路
  • 高周波アナログ回路やアナログ/ディジタル混載回路を搭載したLSIを通して,未来の電子装置やシステムの開発,提案を行っています. LSIの性能ですが,扱う周波数はオーディオ信号から40,50GHzの高周波信号まで,電源電圧は1V程から40V程度まで,制度は0.001%ほどの正確さを実現するもの,という具合に非常に精密で多岐にわたります. 主に高周波アナログLSI,A/D・D/A変換器,DC-DCコンバータLSIなどの回路を扱いますが,どのような回路を開発すれば新たな機能の実現が出来るか,性能を飛躍的に伸ばす事が出来るか,という研究といって良いでしょう.
  • 超消費電力かつ大容量なメモリやコンピューターシステムを研究しています. 研究テーマは3次元LSI集積回路,相変化材料や遷移金属酸化物を使ったストレージ・クラス・メモリデバイス,高効率電源回路,高信頼信号処理システムなど. 東芝にてフラッシュメモリの実用化に成功し,世界最大容量の製品を6度にわたり商品化.世界で210件の特許を取得. 現在はTの字のように視野が広く,特定分野について奥行きの深い「T字型人間」の育成をめざしてMOT(技術経営)教育を実践中.
  • ディジタル集積回路の設計やそのコンピュータ援用設計手法が主たる研究テーマです. 遅延や消費電力およびそれらのばらつきを考慮した設計,特定用途向けディジタル回路の設計,製造技術を考慮したレイアウト設計,レイアウトを考慮した論理設計などが当面の課題です. このような研究には,ハードウェアとソフトウェアの両方の知識が必要で,知的好奇心を十分に満足させてくれます. また,コンピュータの効率的利用という観点から,組合せ問題のアルゴリズムに関する研究もしています.
  • 大規模集積回路をはじめとする非線形システムの設計・解析手法に関する研究に取り組んでいます. 本研究の特徴は「技術革新の壁となっていた様々な未解決問題を解決する新しいアルゴリズムの開発」にあります. それにより各種高性能・高機能LSIの開発や民生機器の高度化・低価格化,更にはそれに関連する情報産業の発展に貢献しています.
  • ネットワーク・通信/セキュリティ・暗号
  • 電波・光の伝送,伝搬,放射などに関連した研究をおもに行っています. 近年整備された電波暗室と高周波測定装置および高性能な計算機を用いて,理論,実験に幅広い分野の研究を進めています. 携帯電話の電波の伝搬解析や人体への影響の解析,可視化ならびに将来の通信方式の検討などは,外部の研究機関と共同で行われています.
  • 電気・電子回路や電力網の電気電子分野,インターネットに代表される情報通信分野に,ネットワーク構造を有するシステムが存在しています. 他にも鉄道網や物資の配送網など多種多様です. 本研究室では,これらのシステム上のさまざまな問題をモデル化し解析します. これには,グラフ・ネットワーク理論分野からの研究や,計算機を用いたシミュレーション実験を行います. 無線ネットワークにおける配信問題,スマートグリッドやセンサネットワークにおける配置問題等の情報通信分野を主に取り組んでいます.
  • システムの目的に合わせて画像情報を効率よく取得・加工・伝送・認識するための信号処理アルゴリズムの研究を行っています. レンズ開口の形状パターンを最適化した新しいカメラ設計,計算機内部で所望の映像効果を作り出すディジタル現像,次世代の自由視点テレビに関する画像生成技術や情報圧縮・伝送,臨場感通信の研究を進めています. また,セキュリティ応用として生体情報の認識や電子透かし等の研究にも着手しています.
  •  

PageTop


Copyright 2011~ Dept. EECE, Faculty of Sci. & Eng., Chuo Univ. All Rights Reserved.