白井研究室の研究業績
2017年度(平成29年度)


白井研究室で行われた研究のうち,論文等の形で学術論文誌等に公表されたものを紹介します.
  1. 著書
    1. 2017. 9. 15; 白井 宏, 「電磁界解析 (5.2節)」, 電子情報通信学会100年史, 第2部 電子情報通信100年の発展, pp.311-312, 電子情報通信学会

  2. 論文 等
    1. 2017. 7. 1; 清水 将行白井 宏,佐藤 亮一, 「建物壁の窓モデルによる電磁波散乱の解析」, 電子情報通信学会 和文論文誌C, Vol.J100, No.7, pp.295-301.
      [Abstract]: 建物壁に開けられた窓による電磁波の散乱特性を解析するために, 厚みのある導体二次元スリット中に装荷された誘電体層による平面電磁波の回折界を定式化した. この定式化には,スリット開口が波長に比べて十分大きいことを念頭に, 高周波漸近解法である幾何光学的回折理論(GTD)と光線・モード変換を適用した. 中空の場合や, 実際のガラスの誘電率や厚みを想定した数値計算により, 建物壁の窓を介して回折する電磁波の特性について議論している.
    2. 2018. 02. 20; H. B. Chu and H. Shirai, ``A Compact Metamaterial Quad-band Antenna Based on Asymmetric E-CRLH Unit Cell," Progress In Electromagnetics Research C, Vol. 81, pp. 171-179, Feb. 2018.
      [Abstract] In this paper, a compact metamaterial quad-band antenna is presented. The antenna is designed from a unit cell of asymmetric extended-composite right/left handed transmission line (E- CRLH TL) as the main resonator part and a 50 Ω coplanar waveguide (CPW) as the feeding part. The design concept and resonant frequencies are analyzed and discussed. The results show that the proposed antenna exhibits four frequency bands covering GSM810, WLAN 2.45/5.5 GHz and WiMAX 3.5 GHz bands. The overall size of the fabricated antenna is only 57.2mm×31.2mm×1.6mm and is very small compared with other proposed quad-band antennas. In addition, a good agreement can be seen among the estimated resonant frequencies, HFSS simulated and measured results.

  3. 国際会議発表 等
    1. 2017. 7. 13; H. B. Chu, and H. Shirai, ``Design of Multiband Antennas Using Asymmetric E-CRLH TL unit cells," Proc. of 2017 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI Radio Science Meeting, pp. 2531-2532, San Diego, USA.
    2. 2017. 8. 24; H. N. Quang, and H. Shirai, ``High Frequency Plane Wave Scattering Analysis from Dielectric Cuboids - TM Polarization -," Proc. of 2017 URSI General Assembly and Scientific Symposium (GASS), CDROM, Montreal, Canada.
    3. 2017. 9. 12; K. N. Nguyen, and H. Shirai, ``Electromagnetic Plane Wave Scattering by a Rectangular Hole in a Thick Conducting Screen," Proc. of 2017 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications, CDROM Verona, Italy.
    4. 2017. 11. 10; R. Sato, and H. Shirai, ``High-frequency Asymptotic Solution of Scattering Field by Three-layered Dielectric Slab for Accurate Propagation Analysis," Proc. of 2017 International Symposium on Antennas and Propagation, CDROM, Phuket, Thailand.

  4. 学会, 研究会発表 等
    1. 2017. 11. 10; 佐藤 亮一,白井 宏, ``電波伝搬解析効率化のための多層誘電体スラブの反射・透過特性に関する基礎研究,'' 電子情報通信学会 電磁界理論研究会,研究会資料,EMT2017-64,pp.149--152.
    2. 2017. 11. 10; ヌェン ナム カーン白井 宏, ``厚い導体壁に開けられた方形孔による平面波の回折,'' 電子情報通信学会 電磁界理論研究会,研究会資料,EMT2017-66,pp.171--176.
    3. 2017. 3. 21; 白井 宏, ``電磁気学講義科目教授の難しさ,'' 2018電子情報通信学会 総合大会 講演論文集,CS-1-4, CDROM.

  5. 博士論文
    1. 2018. 3. 24; チュ バ ヒエン, ``RFおよびマイクロ波応用のためのメタマテリアル伝送線路に関する研究," 博士論文, 中央大学 理工学研究科.

  6. 修士論文
    1. 2018.3.24; 安藤 万雄人, ``建物の内部を考慮した電磁波伝搬推定," 修士論文,中央大学 理工学研究科.
    2. 2018.3.24; 石藤 太地, ``移動体通信のための車両モデル化の検討," 修士論文,中央大学 理工学研究科.
    3. 2018.3.24; 鹿島 拓巳, ``中空パイプ内の物体検出についての研究," 修士論文,中央大学 理工学研究科.
    4. 2018.3.24; 鶴田 浩平, ``市街地ストリートセルにおける電磁波伝搬解析," 修士論文,中央大学 理工学研究科.
    5. 2018.3.24; ヌェン ナム カーン, ``厚みのある導体スリットによるH偏波の平面波回折," 修士論文,中央大学 理工学研究科.

  7. 卒業論文
    1. 2018. 3. 24; 大倉 悟小島 亮一, ``実在ストリートモデルにおける電磁波伝搬解析," 卒業論文,中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科.
    2. 2018. 3. 24; 岩佐 春輝田中 諒汰齋藤 輝, ``金属パイプの埋没位置及び埋没深度の推定," 卒業論文,中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科.
    3. 2018. 3. 24; 礒辺 宏規瀬霜 匠太, ``導体スリットによる電磁波散乱実験," 卒業論文,中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科.
    4. 2018. 3. 24; 天野 惠太,田邉 恭平, ``人体モデルが車内の放射電磁波に及ぼす影響," 卒業論文,中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科.

  8. その他
    1. 2017.8.2; 白井 宏, 「携帯電話の不思議〜電波って何?〜」, 第6回子ども科学カレッジ, 文京区教育センター
      関連ページ