白井研究室の研究業績
2017年度(平成29年度)


白井研究室で行われた研究のうち,論文等の形で学術論文誌等に公表されたものを紹介します.
  1. 著書
    1. 2017. 9. 15; 白井 宏, 「電磁界解析 (5.2節)」, 電子情報通信学会100年史, 第2部 電子情報通信100年の発展, pp.311-312, 電子情報通信学会

  2. 論文 等
    1. 2017. 7. 1; 清水 将行白井 宏佐藤 亮一, 「建物壁の窓モデルによる電磁波散乱の解析」, 電子情報通信学会 和文論文誌C, Vol.J100, No.7, pp.295-301.
      [Abstract]: 建物壁に開けられた窓による電磁波の散乱特性を解析するために, 厚みのある導体二次元スリット中に装荷された誘電体層による平面電磁波の回折界を定式化した. この定式化には, スリット開口が波長に比べて十分大きいことを念頭に, 高周波漸近解法である幾何光学的回折理論(GTD)と光線・モード変換を適用した. 中空の場合や, 実際のガラスの誘電率や厚みを想定した数値計算により, 建物壁の窓を介して回折する電磁波の特性について議論している.

  3. 国際会議発表 等
    1. 2017. 7; H. B. Chu, and H. Shirai, ``Design of Multiband Antennas Using Asymmetric E-CRLH TL unit cells," Proc. of 2017 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI Radio Science Meeting, pp. 2531-2532, San Diego, USA.
    2. 2017. 8; H. N. Quang, and H. Shirai, ``High Frequency Plane Wave Scattering Analysis from Dielectric Cuboids - TM Polarization -," Proc. of 2017 URSI General Assembly and Scientific Symposium (GASS), CDROM, Montreal, Canada.
    3. 2017. 9; K. N. Nguyen, and H. Shirai, ``Electromagnetic Plane Wave Scattering by a Rectangular Hole in a Thick Conducting Screen," Proc. of 2017 International Conference on Electromagnetics and Advanced Applications, CDROM Verona, Italy.
    4. 2017. 11; R. Sato, and H. Shirai, ``High-frequency Asymptotic Solution of Scattering Field by Three-layered Dielectric Slab for Accurate Propagation Analysis," Proc. of 2017 International Symposium on Antennas and Propagation, CDROM, Phuket, Thailand.

  4. 学会, 研究会発表 等

  5. 博士論文

  6. 修士論文

  7. 卒業論文

  8. その他
    1. 2017.8.2; 白井 宏, 「携帯電話の不思議〜電波って何?〜」, 第6回子ども科学カレッジ, 文京区教育センター
      関連ページ