本文へスキップ
研究テーマresearch topics

私たちの研究室では電気、電子、情報、通信、等の各分野を含む「工学」と生物学や医学等を含む「生命科学」とが交叉することで生まれる新しい技術や学問領域を追求しています。具体的には様々な分野で利用可能な生体情報計測技術や医療・福祉ロボットに関する研究、新しいリハビリ手法・治療方法の探求、工学的手法に基づくバイオメカニズムの解明、生物の仕組みや機能を模倣して医療や工学に応用するバイオミメティクスの研究などに、国内外の主に医学系研究者と共同で取り組んでいます。

テーマ1)睡眠時無呼吸症候群治療装置の研究

 睡眠の質は我々の健康を大きく左右します。睡眠障害の一種である睡眠時無呼吸症候群の新しい治療装置に関する研究を行っています。試作した治療装置を用いた実験で気道開通に関する優れた効果が示されました。現在臨床試験に向けた準備を行なっています。 詳しくはこちら

テーマ2)内視鏡手術支援ロボットシステムの研究

 通常、腹腔鏡下手術には術者、助手、スコピスト活動報告写真の3名の医師が必要と言われています。医師1名で腹腔鏡下手術を可能とするロボット型支援器具の開発に取組んでいます。

テーマ3)手指麻痺者の指運動を実現する電動式グローブの研究

 頚髄損傷や脳梗塞等の後遺症で手指に麻痺を負った方々の指運動を実現するための電動式グローブの実用化研究を行っています。本研究は科学技術振興機構、戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)の助成を受けて実施しています。脳波で操作するリハビリ用システムについてはカリフォルニア大学と共同研究を行なっています。 詳しくはこちら




テーマ4)磁石を用いた頭内カテーテルの三次元位置計測に関する基礎的研究

 本研究では、体外に固定された複数の磁気センサを用いて、プローブ先端に固定された永久磁石の三次元位置を測定し、プローブの位置及び姿勢を精度良く測定するシステムの開発に取り組んでいます。



テーマ5)眼科微細手術時の振戦抑制を目的とした支援器具の研究

 「振戦」とは体の震えを指す医学用語で、緊張や恐怖に加え特定の姿勢をとることなどが原因になって生じる生理現象です。眼科における微細手術では、対象となる組織が小さいため振戦は手技の大きな妨げとなります。本研究では、眼科微細手術時に使用する器具の先端に現れる振戦を軽減するための工学的支援技術の開発に取組んでいます。



テーマ6)運動支援機器のためのマン−マシンインターフェースの研究

 リハビリ支援や介護支援等を目的としてロボットスーツの研究が盛んに行われています。人が機械を使いやすくするための装置をマン−マシンインターフェースと呼びますが、ロボットスーツの性能や使いやすさはマン−マシンインターフェースの性能に大きく影響を受けます。衣服の上から筋活動を測定可能なセンサなど、独自のセンサを考案し、新しいマン−マシンインターフェースの実現に取組んでいます。



テーマ7)筋活動推移のデザインが可能な筋力トレーニング装置の研究

 筋力トレーニングにおいて、筋力強化の効果は筋肉に加わる負荷量に依存します。しかし現在の多くの筋力トレーニング機器は負荷を実現するための荷重の重さしか調節することしかできません。しかも一定加重で運動を行っても、筋肉に加わる負荷量は運動姿勢に応じて大きく変動しています。そこで、運動中の最適な筋活動曲線を設定すると、それを実現するために自動的に負荷制御を行う新しい筋力トレーニング機器を提案し、その効果の検証に取組んでいます。

諸麥研究室

〒112-8551
東京都文京区春日1-13-27

TEL 03-3817-1853