本文へスキップ
メンバー

准教授

諸麥 俊司   

  
 生年
1973年
 専門分野
生体情報計測,医用工学,福祉工学
 学歴
1994年 鹿児島県立加治木高等学校 卒業
1997年 長崎大学工学部機械システム工学科 卒業
1999年 電気通信大学大学院情報システム学研究科博士前期課程 修了
2003年 カリフォルニア大学アーバイン校 (UC-Irvine) 工学部 博士課程 修了
 主な担当科目
学部:材料力学概論,プログラム言語及演習1・2
 趣味
空手,剣道,料理,ピアノ,スピアフィッシング
 

 学生へひとこと
 学生のうちにぜひ没頭できるほどの好きなことをいくつか見つけて欲しいと思います。趣味でも、勉強でも、スポーツでも何でもかまいません。突き詰めてみて初めて得られる発見があります。物事を突き詰めた経験は将来、あなたの武器となり、支えとなり、そしてあなた自身を特徴づける魅力を形成してくれるはずです。学生の時期は貴重です。ぜひ楽しく有効に過ごして欲しいと思います。

  

研究支援スタッフ

松原 洋子


M2

安藤 凛太郎   磁石を用いた咽頭内カテーテルの三次元位置計測手法に関する基礎的研究
大嶋 拓生    筋収縮センサの研究
尾戸 隆之    頭部位置推定機能を有する睡眠時気道開通装置の異常呼吸センサーの開発
金  香紀    静電容量式センサの開発
福島 直浩    肝臓の局所的切除を可能とする手術用器具のための基礎的研究
堀澤 里奈    頸髄損傷者の日常生活支援を目的としたパワーグローブの開発
宮永 祐介    脳卒中患者の上肢リハビリ支援を目的としたパワーグローブの開発 

M1

江連 諒     内視鏡操作支援を目的としたロボット型器具のための入力装置の開発
梶  紘煕    脳卒中患者の上肢リハビリ支援を目的としたパワーグローブの開発
塚本 稜司    内視鏡操作支援を目的としたロボット型器具の開発
豊田 拓郎    マテハン作業の負荷軽減を目的とするパワーアシストロボットに関する研究
富岡 諒     介護予防のための 筋力トレーニング装置の実用化に関する研究
西村 潤子    筋収縮センサ感触及び使用簡便性改善の研究

B4

宮下 裕志    マテハン作業の負荷軽減を目的とするパワーアシストロボットに関する研究
大窪 俊介    肝臓の局所的切除を可能とする手術用器具のための基礎的研究
得丸 凌太郎   静電容量式センサの開発
斉藤 啓太    頭部位置推定機能を有する睡眠時気道開通装置の異常呼吸センサーの開発
新貝 勇人    内視鏡操作支援を目的としたロボット型器具のための入力装置の開発
濱向 洸生    脳卒中患者の上肢リハビリ支援を目的としたパワーグローブの開発
本田 拓海    内視鏡操作支援を目的としたロボット型器具の開発
森本 拓     頸髄損傷者の日常生活支援を目的としたパワーグローブの開発

諸麥研究室

〒112-8551
東京都文京区春日1-13-27

TEL 03-3817-1853